壱時緊急避難地帯的風呂具

誰かに認識されることを想定していないただの個人的備忘録

ドラクエウォークを辞めたけど寂しさを抑えられずここに記念碑的墓を建立す。

まず自分のドラクエウォークの戦績を簡単に記載する。詳細は記事下部に画像有り。

 

冒険開始日 2019年9月20日(正式スタートから一週間後くらい)

歩いた歩数 1576千歩

おでかけランク 29

倒したモンスター 93千匹

全職業の合計 1164レベル

 

3月の上旬にプレイすることをやめたので、半年いかないくらいの間プレイしていたことになる。長いことプレイしたものです。ちょうど上級職が解放され、メインストーリーに第6章が追加されてまもなくのタイミングでした。

ガチ勢の皆さんと比べると厳しいですが、まあまあ(頑張った方)じゃないか?w

はじめはこのゲームを消しただけで終わっていたのだが、これだけ長い間コミットしたゲームに対し何らかの記録を残したいという気持ちがふつふつと芽生え、本記事を作成するに至った次第。

結局のところ、ゲーム内容に関しては最初から最後まで楽しんでプレイすることができた。ポケモンGOINGRESSをプレイしたことのなかった自分にとっては、自分のいる位置によってゲーム内容が変化する作品は新鮮だった。移動する楽しさとめんどくささ(こちらが大半)を感じた。

過去のドラクエ作品の多くをプレイし、小説等も読んでいた私にとってはナンバリングを主軸とした各種イベントも楽しめたし、懐かしいモンスターもたくさんおり、都度哀愁に浸りながら進めることができた。

ロトの剣を手に入れて興奮し、ギガデーモンSがいつの間にかドロップして驚き、戦闘に有用な心珠Sを集中に収め阿鼻叫喚した。どれも楽しい思い出だ。特にキングスライムSがドロップした時は忘れられない。朝方近所の喫茶店付近に確定キングスライムを発見し、その日の夕方にそこを訪れた。その他に何の予定もなく、いつも歩くルートでもない、明確にキングスライムのこころを手に入れたいという欲求に従った歩みだった。ドロップした瞬間、ついに来た……静かにガッツポーズを取り、感無量だった。

 

じゃあ、それだけ楽しめたドラクエウォークをなぜ辞めたのかという話だ。その主な理由はこれまでにオンラインゲームや遊戯王を辞めてきた理由を他ならない。終わりがないことに嫌気がさしたのだ。

これまで私が好きだったドラゴンクエストは、そのストーリーの重厚さや戦闘の快感に魅せられてプレイし続けてきた。そういった点で本作は貧弱だったと思う。特に出先でプレイするというゲームの性質上、ストーリーに基づいて進めさせるということが難しかったと思う。実際に私はストーリーを読んだことは無い(気になる時はあったが)。そんなことより、メガモンスターが、物理的暑さ寒さが、はぐれメタルが、少しでも多く進めて強くなることが重要だった。

また、現実的な理由としては電池消費は通信量も挙げられるだろう。

 

f:id:ncxjsufid:20200331203605p:plain

この画像の「最近消去したApp」とは何のアプリのことか、おわかりになるだろうか。

そう、これがドラクエウォークだ。移動時間やスキマ時間にプレイするだけで平均してiPhoneの実に82%もの電池を消費していた。位置情報を使用し、かつ移動中のつけっぱなしプレイも可能な本作は、電池消費が激しいアプリのパイオニアと言えるかも。

実際に朝充電をして一日が持つかはギリギリな日々が続いており、帰宅が遅い時には中途で充電することを余儀なくされた。

通信量についても、月々3GBで余裕だった私の通信を月末にはギリギリまで削ってくれた。月によっては他のアプリの使用を制限することすらあった。

また、本アプリに多く時間を割いてしまっていると感じたことも、一旦と言える。

 

そんなこんなで、ドラクエウォークを楽しみつつも、結局は「永遠というガチャゲーの宿命」や「通信」「電池」「時間」等から嫌気が指して辞めた次第です。もうこちらのアプリをインストールすることは、多分無いと思います。

辞めてからの話をすると、案外と気になりません。現役の時はどこかに移動する度にドラクエウォークが気になり、開いて、状況を確認していましたが、今はこころ穏やかに過ごしています。においぶくろの存在により実施可能な引きこもりレベリングも必要なくなり、少しは生産的な時間の使い方ができている気がしますw

 

以上を持ちまして、これを個人のドラクエウォークの墓とします! 合掌🙏

長い間楽しませてくれて関係者の皆様ありがとうございました。課金せずに終わってしまい、なんだかすみません……。

※制作会社のことを考えると、無課金プレイは地味にプレイヤーの心を痛めてしまう。

 

ワークチェアについて考える。主にハーマンミラー、時々オカムラ、関家具。

こちらの内容は私がネット探索や試座で感じたことをまとめています。尚、下記の椅子はすべて試座しました。パソコン使用時に前傾姿勢が必要ではと思い、概ねチョイスしています。どなたかの参考になれば幸いです。 ※価格は参考程度と捉えてください。

 

白いフレームと磨かれたアルミベースのブルーEmbodyオフィスチェア。

エンボディ - オフィスチェア - ハーマンミラー

新品 20万 中古 10万

・体全体のフィット感がよく、包まれている、安心する感じがする。

・アームレストの可動範囲が大きく、パソコン作業に最適化されている感じがする。稼働音が安っぽくない。

・背面のデザインが独特でかっこいい。

・25kgで、重く感じた。

・長時間座っていたくなる感じがした(違和感がなかった)。

・リクライニングしたくなる。

・一応、ハーマンミラーが出しているワーキングチェアで最高級のライン(定価)。

・独特の背面、座面の仕上げ。

 

座席、背もたれ、腕にミネラルを仕上げたAeron椅子。ポリッシュアルミニウムベース。

アーロン - オフィスチェア - ハーマンミラー

新品 20万 中古 13万

・有名漫画家も多数使用している言わずとしれた名脚。

・アームレストの可動範囲は大きくないが、違和感ない。稼働音が安っぽくない。

・洗練された圧倒的デザイン。ホワイトカラーもあり、魅力的。

・前傾姿勢が可能。

・24kgで以外と軽く感じた。重心が揃っているから?

・座り心地は良いが、革新的という程のものも感じない。

・メッシュは清潔で通気性が良い。

・探したワーキングチェアの中で最も知名度が有り、再販時にも高額が期待できる。

 

Mirra 2 Chair

ミラ2 - オフィスチェア - ハーマンミラー

新品 14万 中古 6万

・アームレストが湾曲しすぎており、接地面が少ないからか落ち着かない。

・デザインはまあ良い感じで、アーロンチェア程重々しさがない。

・前傾姿勢が可能。

・メッシュは清潔で通気性が良い。

・21kgとまだ軽い方。

セイル - オフィスチェア - ハーマンミラー

新品 6.5万 中古 4万

・前傾姿勢のフィット感が一番良い。

・アームレストが小さく、かつ平坦なので長時間の使用に向いていない。

・ゴム質の背面も意外と違和感なく良い感じ。

・アームレストの位置を替える細動部分の強度が心配。

・17kgと軽め。しかし意外と寸法的なサイズは小さくない。

 

プロ | エルゴヒューマン公式サイト

新品 9万 中古 7万

・重い、でかい。

・稼働部位が多く、自分なりのフィットが追求できて良い。コスパ高く感じる。

・前傾姿勢時に最下段背面のメッシュがサポートしてくれている感じがある。

・メッシュに対しアーロンチェア程の安心感がない。

・座面後ろの高さ調整が可能だが、操作に時間がかかりめんどくさい。

・アームは可動域が大きく、違和感ない。

・海外っぽいデザインの癖に実は日本のメーカー。

 

Sylphy (シルフィー)|チェア|株式会社オカムラ

新品 8万 中古 3万

・割と軽い。セイルチェアと同等。サイズ感は一番小さい。

・安心信頼?の日本製。ハーマンミラーはなんだかんだ中国にて製造が多い。

・メッシュに対し、エルゴヒューマン程の安心感がない。

・中古品が安いが、数も少ない。

・座面位置を調整できるが、椅子から降りて操作する必要がある。
・良くも悪くも日本的デザイン。

・20kgとまだ軽い方。なんとか一人で2階に上げれるのでは。

・展示場にアーム付きが無かった為、そのあたりは未知数。

 

最終的にはオカムラのシルフィーを中古で購入しました。自分自身、住む場所にこだわりがなく、チャンスがあればどこへでも行きたいと考えていたので、コストをかけすぎることや、物理的に重いものを購入することに潜在的な違和感を持っていることに気がついたからです。もしも購入した場合、自分をその場所に縛り続けるのではないか、そういった思いすらありました(距離やサイズによるが単品引っ越しで7千から1万円程の費用がかかる)。

 

すでに家を購入されている方や、定住されている方であればそういった成約は考えなくても良いと思います。私がそういった立場であったなら、エンボディチェアやアーロンチェア、もしくはエルゴヒューマンをチョイスしたでしょう。

また、これらの椅子は長時間の使用を前提とすべきであり、短時間の試座では把握しきれていない部分も多いと感じる。可能であれば会社や期間リースである程度長い時間使ってみて最終的に決めるのが一番だと思う(難しいとは思うが)。

 

ちなみにハーマンミラーにはこんなサービスもあったりします。

30日間のトライアルが可能(送料はかかる)。

Return and Refunds 30 days-Free ハーマンミラーオンラインストア

 

良い椅子は生産性を高くすると思います。個人的にはパソコンに向かい続けることに対し、違和感を感じる時間が減少しました。なので結果として、生産性を高めていると感じます。いろんなネット上の記事も参考にしましたが、最終的に言えることは、長時間パソコン作業する人は、「それなり」の椅子を購入した方が良いということです。なんだか曖昧な言い方になってしまったが、全般的に言えることといえばその程度でしょう。一人でも多くの人が快適に生産的な作業ができるよう、祈っています。

 

勝手に宣伝。最終的に購入には至りませんでしたが、問い合わせに対し丁寧に対応いただきました。また、自社ページではアーロンチェアをはじまとしたハーマンミラーの椅子について、詳しく取り扱っています。

ハーマンミラー正規販売店 アーロンチェアの庄文堂本店

 

最後に、どれを買おう、どれだけ安く買おうといったことに悩みすぎているよりも、2時間程考えたら買ってしまう、もしくは断念することをおすすめします。今回私は検討に時間を費やしすぎました。試座を含めたら10時間では済まないでしょう。生産的な環境を整える為に、自分の時間を消費しすぎてしまっては本末転倒ですよね。とほほ。。。